2016年4月30日

第二子が生まれました。



暫くの間、心の整理ができずにいましたが、ようやく気持ちが落ち着いてきたので、これまでの気持ちを綴りたいと思います。

少し前に、第二子の次男が切迫早産で1kgにも満たない小さな体で生まれました。



* * * * *


私は新居に引っ越してから暫くの間、原因不明の高熱が続いていました。内科にかかったりしていたのですが、熱は一向にさがらず。そして、ある朝、激しい腹痛で目が覚めました。

波のある痛みやったけど陣痛ほど痛くないし、前駆陣痛かなと思い産科へ電話をして直ぐに診てもらったら、「もう陣痛が始まっているから、今直ぐにNICUのある大きな病院に行く必要があります」と言われ、救急車で搬送されました。

搬送先でお薬を打ってもらって陣痛は落ち着いたものの、色々な検査をして、先生たちが行き着いた発熱の原因は、「子宮内の感染」でした。そうなると、お腹の赤ちゃんは、バイ菌にまみれたドロドロの羊水を体の中に取り込んでいて危険なので、一刻も早く出してあげましょう言われ、緊急帝王切開をすることに。そして、この週数で生まれた赤ちゃんが無事に退院出来る可能性は、70%だと告げられました。

何を考えていいのか全く分からず、ただただ涙が出るだけでした。正直、どうやって手術同意書にサインをしたのか覚えていません。

そして緊急帝王切開。出てきた我が子は本当に信じられないくらい小さくて、細くて。こんなまだ準備ができていない状態で生まれなければいけなかったことを許して。最後までお腹の中で育ててあげられなかったことを許してと、何度も何度も言ったのを覚えています。

次男は、小さいながらも手足をバタつかせ、ミューミューと可愛らしい小さな声を聞かせてくれました。しかし、やはりこれだけ小さいと自発呼吸ができないので、すぐに挿管されて、NICUに連れて行かれました。

私はその後も発熱が続いていたので、2日間は次男に会いに行くことはできなかったのですが、小児科の先生のお話では、心臓もよく動いているし、脳内出血も無いし、自発呼吸も見られるし、頑張っていますよ、と。でも取り敢えずは、生後3日間を乗り越える事を目標にしましょう、それが乗り越えられたら1週間、そして1ヶ月。小さなハードルを乗り越えて行きましょうと。

たったそれだけしか前を向く事のできない小さな命…。私はなんて事をしてしまったんやろう。今回はマイナートラブルが多かったのに、なんでもうちょっとゆっくりできへんかったのか。なんで、赤ちゃんのためにできること全てをやらんかったのか。手術の日の夜は麻酔の影響でうつらうつらしていたけど、2日目からは後悔ばかりで、夜は一睡もできへんかった。

1週間の入院はとても辛く、私がいた部屋は、みなさん赤ちゃんがNICUに入っている方か、これから帝王切開を受ける方で赤ちゃんはいないお部屋だったのですが、やはり産科なので赤ちゃんの声が聞こえてきます。その度に、うちの子もあんな風に元気に産声をあげるはずやったのにって涙が溢れました。とてもおめでたい事なのに、そんな風に考えてしまう自分が情けなくて惨めで、小さい人間に思えて。

昨日まではお腹の中で元気に動き回っていたのに、これからどんどん大きくなるはずやった私のお腹の中には、もう息子はいない。それを受け入れるのに、かなりの時間がかかりました。痛み止めにロキソニンを出された時も、昨日までは妊婦やったから、こんなにキツイお薬は飲めなかったのになって思ってまた涙が止まらなくなった。

ようやく息子に会いに行けた日、挿管され、体に沢山のチューブがついた姿を見て、また涙が止まりませんでした。こんなに小さく産んでしまってごめんね、こんなに小さく産んでしまったがために、あなたが苦しむことになってごめんね。ごめんね、ごめんね、ごめんね、それしか言われへんかった。

それでも少しずつ時間が経って、息子はまず3日目のハードルを超えて、1週間目のハードルを超えて、1ヶ月目のハードルも超えて、母乳も少しずつ飲めるようになって、体重も少しずつ増えて、そんな小さな成長を見て、私も少しずつ心が落ち着いて来ました。

旦那くんは立派なもので、手術が決まってからは、少し楽観的過ぎへんか?という程の落ち着きようでした。最近は医療が発達してるから大丈夫。超未熟児で生まれても、元気に育つ子はいっぱいいるよ、って。普段は心配性のくせに、こういう時は立場が逆になるんですね。


後日分かったことですが、今回私の子宮と胎盤で見つかった菌はとても珍しいものらしく、先生たちも「どこでこんな菌に感染したのか」と不思議がっていました。恐らく1ヶ月前の虫垂炎の原因菌であり、虫垂炎の開腹手術、その後の麻痺性イレウスが原因で卵管を通り子宮内に侵入したのだろうというのが主治医の推察でした。でも幸い息子の血液からはこの菌は見つからず、羊水が触れた部分の細菌については抗生剤で対処できたとのことでした。息子が小さいながらも元気に出てこられたのは、「全てタイミングが良かったのでしょう、無理して妊娠を継続していたら息子さんはもっと危険な状態になっていたかもしれない」と言われ、そう思うと、私も少し救われました。



* * * * *


生まれてから1ヶ月間は、次男の状態が不安定で色々と心配なことがありました。でも次男は少しずつ、着実にハードルを越えて、立派に成長しています。体重も先生たちが驚くスピードで増えて、赤ちゃんらしい体つきになってきました。息子の生命力にただただ感謝するしかありません。

はじめて目を開けた日、はじめて小さな小さな手で私の指を握ってくれた日、はじめて泣き声が聞けた日、はじめてオムツを替えた日、はじめて抱っこできた日。普通に生まれていたら一度に訪れたであろう「はじめて」がひとつずつやってきて、私たちもそのはじめてを迎えられる喜びを噛みしめています。

これだけ
小さく生まれているので、今後何があるかはわかりません。色々な問題に直面するかもしれない。万が一そうなったら、その度に心を痛め涙を流すんだと思います。でも今から何が起きるか先走って心配するのではなくて、今目の前で頑張っている次男を見ていたい。私は基本的には楽観的な人間です。なので次男のことに関しても、楽観的に考えると決めました。今後次男に何があっても、支えて一緒に生きていく。私たちが次男のためにしてあげられることは、それだけだと思っています。

こういう難しい状況でも、次男が誕生したことを純粋に「おめでとう」と祝ってくれる友人もいて、「そうやん!おめでたいことなんやん!」と思えることも増えました。次男は小猿にそっくりで、目が落ちてしまいそうなほどに大きくて、本当に可愛らしいんです。


* * * * *


今回の妊娠は「まさか」ばかりでした。貧血治療中の妊娠発覚、最強のつわりから始まり、まさかの虫垂炎手術、そして今回のまさかの緊急帝王切開。前回の妊娠が全く問題なく安産やったので、今回もそうなるものだと思っていました。

妊婦らしさを経験することなく終わってしまった今回の妊娠。お腹の大きな妊婦さんを見ると、「私もあのぐらいまで息子をお腹の中で育ててあげたかった」と、今でも胸が重く痛み、辛くなります。おそらく時間の経過と次男の成長が少しずつこの辛さを和らげて行ってくれるのかなと思います。

今回、改めて命を生むということは、奇跡なんだなと思いました。妊婦のみなさん、どうか、どうか、体を大切にして、お腹の赤ちゃんのことを一番に考えてあげて下さい。そしてみなさんに無事に元気な赤ちゃんが生まれますように。



* * * * *


今は、NICUに入院している次男に会いに病院に行く毎日を過ごしています。次男はあと1ヶ月程度で退院になりそうです。はやくおうちに帰ってきて欲しい。はやく夜も授乳で寝られへん!という日々を過ごしたい。はやく家族四人の生活をスタートさせたいです。

お兄ちゃんになった小猿も頑張っています。私が次男の面会に行く間ベビーシッターさんに預けていますが、このベビーシッターさんが大好きで機嫌よく過ごしてくれています。次男の存在は分かっていて、写真を見ると「⚪︎⚪︎くん、ちっちゃいねー」「⚪︎⚪︎くん、かわいいねー」と言っています。バタバタする毎日の中でも小猿は確実に成長していて、小猿にも沢山の笑顔をもらっています。子ども二人の方が私よりも何百倍も強くて、本当に励まされています。

そして旦那くん、旦那くん。彼無しでは、私は悲しみと罪悪感に押しつぶされていたと思います。本来彼は繊細でストレスに弱いけど、今は私をしっかりと支えてくれています。信じられないくらいに前向きで、疲れていても会社帰りに次男の面会に向かい、とても愛おしそうに次男に話しかけています。ありがとう。ほんまにありがとう。そしてごめんなさい。



* * * * *


と、今はこんな心境です。自分の気持ちの整理のためにも書きました。長々と読んでいただいてありがとうございます。

は比較的落ち着いてきましたが、不安にかられる日もまだあります。次男への申し訳無いという気持ちは一生消えないのかもしれない。正直わかりません。でも旦那くん、子どもたち、実家の家族、ノルウェーの家族、そして友人にも、支えてられ頑張っています。どうか、次男が元気に成長できることを一緒に祈っていて下さい。

次男くん、誕生おめでとう。お母ちゃんとパッパのところに生まれて来てくれて、ほんまにありがとう。お母ちゃんはあなたが愛おしくて愛おしくて。これからも少しずつ、一緒に成長していこうね。




にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2016年4月18日

田舎生活始まりました


引っ越してから色々とあって、バタバタしていました。

新居は田舎でいいところです。田舎という表現は少し語弊があるので、地方と言った方がいいかもしれへん。でも今まで住んでいた東京や大阪と比べたら、田舎。広がる田園風景。駅まで遠くて、駅前に何も無い。バスが1時間に2本しかない。

そしてさすが田舎、車が無いと生活できへん!ここは一人一台車を持っているらしく、道を歩いている人も、自転車に乗っている人も少ない。歩いてるのって、犬の散歩をしている人と登下校する小学生だけのように感じます。

イオンモールが徒歩圏内にあるので、普段のお買い物は助かっているけど、市役所や病院などが遠い…。私は今まで大阪、東京と車が必要な生活をして来なかったから、運転免許を持っていません。急いで車を買ったので、週末旦那くんに運転してもらって、必要な事を済ませています。私は少し前から教習所に通い始めやっと仮免が取れました。はやく免許が取れますように…。

何よりも嬉しいのは、とても子育てをしやすい環境なこと。近所に公園も多いし、広くて子どもの遊具が充実してる。一番近い公園には、30m位ある巨大な滑り台があって、小猿も大興奮。児童館も図書館も広くて充実しているので、子育てに力が入っている市なんやなと実感。

家は今回もマンションですが、前回と比較してかなり広くなりました。小猿もとても楽しそうで、広くなった家の中を走り回っています。家の中でよく動くからか、毎日7時には眠たくなって、7時半には就寝。いい生活のリズムになってます。

モンスター小猿がいるので生活騒音について気になっていたのですが、ご近所さんに挨拶に回ると、みんな子どもがいて、「生活音はお互いさまやからね」というスタンスで、ほっ。東京と比べてみなさん温かいし、日々の挨拶もあって気持ちが良い。

大阪の実家まで近くなったので、移動がかなり楽になって気軽に帰省できるように。母が頻繁に遊びに来てくれるので、おばあちゃん大好きな小猿も大喜び。小猿はきっとおばあちゃんが徒歩圏内に住んでいると勘違いしている…。

旦那くんも程よく田舎なのを気に入っているようで、「空気が東京と比べて新鮮」「人が大阪人に近くてフレンドリー」と喜んでいます。車が必要な生活については「ノルウェーに引っ越したらこんなもんだ」と言っています(←当の本人は相変わらず自転車出勤)。

先日このあたりでは有名な桜の名所にお花見に行ったのですが、東京みたいに人であふれることなく、気持ちよくお花見ができて感激でした。必要なものはここで全て揃うし、田舎生活満喫してます。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ