2015年10月10日

それはコーヒー中毒ではない。


北欧はコーヒー文化で有名ですが、実は私も旦那くんも、断然紅茶派です。味覚がお子さまなんでしょうね。

もちろん美味しいコーヒーを飲むと、美味しいなとは感じるけど、毎日は飲みたいとは思わないかな。それに、コーヒーを飲んだ口のにおいが大嫌いです。自分も他人も含めて。ずーっとコーヒーの匂いがしているのも、少し気分が悪くなってしまう。

実はオーストラリアに住んでいたころ、友人の紹介でカフェでアルバイトをしていたことがありますが、コーヒー豆の匂いが手につくし、ずーっとコーヒーの匂いがするので気分が悪くなってしまい、数ヶ月で辞めてしまいました。なので体質的に合わないのだと思います。

あ、でも、イタリアに旅行した時は、毎日ほぼ毎食後に飲んだし、エスプレッソもガンガン飲んで、めっちゃ美味しいなとも思った!旅行中やったからか!? 


* * * * *


ここ数ヶ月仕事が忙しかった旦那くんは、仕事前にカフェでコーヒーを買って職場で飲むのがスッカリ日課になっていたらしいです。お気に入りのカフェまで見つけちゃったとか。


最近は仕事も落ち着いたので、先日コーヒーを断つ決心を。私はそんな事もつゆ知らず、ある日なんや旦那くんの機嫌が悪いから何やねんと思って聞いたら、

コーヒーが飲みたいです…コーヒー中毒になってしまいました…。
と。

実は、旦那くんのお母さんがものすごくコーヒーが好きで、常にコーヒーを飲んではるんです。ものすごく細くて小食なのに、コーヒーは1日何倍も飲みはる。そんなお義母さんをいつも「不健康だ」と言っている旦那くん。だからか、「自分は絶対にコーヒー中毒にはならない」という強い信念があるらしいです。

でも旦那くん、君は毎日たった1杯飲んでただけやん!しかも何日も飲まずにおれてるやん!それは中毒ちゃうわ!口さみしいだけやって!

案の定、ミルクシェイクを作ってあげたら喜んで飲んで、コーヒーのことはすっかり忘れてはりました。わかりやすーい。

そもそもコーヒー中毒って言うんか?カフェイン中毒ではなくて??


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2015年10月7日

ママチャリと三輪車選び


8月下旬、母に電動アシスト付き自転車を買ってもらいました。

今までは「別に自転車なくても、急いでどこかに行くわけでもないし、ベビーカーで十分!」と思ってたけど、自転車生活スバラシイ!!!!

移動時間が短縮されるというのも利点やけど、何よりも生活の幅が広がりました。今までは行きにくかった少し離れた公園、遊び場、お店へも、自転車でスイー!我が家からは交通の便が悪かった場所へも自転車でスイー!

「小猿と乗れる自転車が欲しいな」と思って試乗に行った時は、電動アシストのない普通の自転車の購入を考えていました。

ケチケチノルウェー人の旦那くんは
ノルウェーでは電動アシスト自転車に乗っている人なんていません。
とか、全く関係のない事を言い出すし。関係ないねんそんなん!ノルウェー人がノルウェーで何に乗ってようと!うちらが乗るのは日本やねんから!

そして値段を見て「高すぎる!」と。確かに計画外のお買いものやったので、10万超えは高い。

母に相談したら「小猿はこれからどんどん大きくなるのに、あんたはどんどんおばちゃんになるねんで。来年から保育園の送り迎えもあるねんから、少しでも楽な方にしとき」と言って、電動アシスト自転車を買ってくれました…(涙)おかん、ありがとう。

今更になって旦那くんも


お母さんが買ってくれてすごいよかったです。小猿が重たいから普通の自転車だったら大変でした。ノルウェーでも乗ればいいのに。

とか言ってるし…。電動アシスト付き自転車をバカにしてたんはどいつやー!

ちなみにですが、ノルウェー在住の方が「最近ノルウェーでも見るようになった」と教えてくれたので、「ノルウェーではそんなものに乗らない」と断言した旦那くん玉砕。




* * * * *


小猿も自転車が大好きで、「自転車乗って行くよ!」というと、お出かけ前のお着替えもスムーズ。自分でヘルメットをかぶって玄関で待っていてくれるようになりました。

そうなると、小猿も「自分も自転車に乗りたい」と思うようになってきたらしく、マンションの自転車置き場で、よその子の自転車にまたがろうとしたり、おもちゃ屋さんで子ども用自転車に自ら乗っていて私たちを驚かせたり。

小猿には、1歳のお誕生日に買ってもらった汽車の手押し車があり(↓)、これはまたがって乗ることもできるのですが、おそらく「乗る」ということを重視したデザインではない。なので、前の車輪に足がぶつかって、めっちゃチビチビとしか進めない…。





それなら、小猿にも自転車を買ってあげよう!と思ったのですが、自転車はまだ乗れるわけもなく、そうすると…三輪車?それともキックバイク?

*キックバイク=バランスバイク=ランニングバイク、色々な呼び方があり、それが全て同じものなのかわからないのですが、私はキックバイク=ペダルのないバイクの意で使っています。

ママ友や公園で会う親子連れは、「親が後ろから押せるタイプの三輪車→ストライダー」という流れが圧倒的に多いみたい。この「親が後ろから押せるタイプの三輪車」(1歳のお誕生日の王道プレゼントらしい)を買わなかったので、迷う我が家。



* * * * *


候補① 親が操縦できる三輪車

ブロガーのジルジカさんが紹介されていた、エムアンドエムの「iimo」という三輪車が、シンプルでいいなーと思って、すごく迷いました。キャラクターものや、ガチャガチャしたデザインは好きじゃないので、これはとてもシンプルでいいなと。折りたたんで保管できるのも、狭い我が家にはぴったり。

形を変えて長い期間使えるというのが売りなんやろうけど、どうしても「でも今さら?もうすぐ2歳やし、ここまでしっかりした作りのものは必要ないのでは?」と悩みました。

これで近所を移動するのであれば、胴体周りの支えや親の舵取りがあったほうがいいのかもしれへんけど、うちはすでに移動の足として自転車があるからな…。お値段も1万超えで安くないしね…。




候補② キックバイク

そんな時におもちゃ屋さんでみた、ペダルのない1歳から乗れるタイプのキックバイク、「D-Bike」。これなら絶対乗れる!実際に公園で乗っている子に出会い、少しだけ乗らせてもらったら、すいすい乗る小猿。めっちゃ嬉しそう!

1歳から乗れるというのが売りやけど、うちは既に1歳8ヶ月。しかも、「既に乗れる」となると、寿命が非常に短い気がする…。もう数ヶ月で乗らなくなったりしたら悲しすぎる。うーん。お値段6000円前後。




候補③ 三輪車

そして候補に上がったのが、「普通の三輪車」。でも果たしてペダルをこぐことができるのか・・。

悩んでいたら、旦那くんが「私が教えるので問題ありません」と。確かに…。今までいろんなことを小猿に教えてきた旦那くん。

私が教えても全く興味を示さへんのに、旦那くんやと何でも「楽しい遊び」になって、あっという間に習得してしまう。我が家で言う「パッパの魔法」。

候補①と同じメーカーのシンプルな三輪車「Trike」。これやと、候補②と値段がそれほど変わらへんけど、きっと候補②よりは長い間乗れるはず…。ちなみに対象年齢は18ヶ月〜。

パッパの魔法を信じて、これにしました!!!!




* * * * *


小猿、めっちゃ嬉しそうに乗っています。まだペダルをこぐことはできへんけど、一生懸命蹴って、キックバイクみたいになっています。

遊びを重視するのか、移動の利便性を重視するのか、生活のどの場面で使うのか、それによって選択も違ってくるのかなと思います。

うちは公園でしか乗らないので、これで十分やったと思います。3歳のお誕生日にストライダーをプレゼントしたらちょうど良いくらいなのかな?



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2015年10月4日

ダイシュキシュキシュキー♡


先日、オーストラリアの友人が、小猿にと絵本を3冊送ってくれました。




このSpotのシリーズ、オーストラリアでは大人気なんですよね。絵が微妙やなあと思ったのですが、小猿には大ヒット。内容的にも、図的にも、1歳児の心をくすぐるらしいです。

この3冊の中でも小猿が一番気に入ったのが、「Spot Loves His Mommy」の本。

お話は、「I love you, Mommy」「I love you, Spot」と締めくくられるんです。初めてこの絵本を小猿に読んであげた時に、小猿が「ダイシュキシュキシュキー♡と言って、私をぎゅーーーーっと抱きしめてくれたんです。

もうね、お母ちゃん、号泣。
いつ、こんなに優しい子になったの!?!?!?

Klem(ノルウェー語のハグ)といえばハグしてくれるし、「おはよう」や「おやすみ」、「ありがとう」、そして、パッパとの「行ってらっしゃい」と「おかえり」の時は必ずほっぺにチューをしてくれますし、空を飛ぶ飛行機にさえ投げキスをする子やったけど、不意打ちのダイシュキシュキシュキー♡攻撃には、お母ちゃん完全にやられた。

なんやうちの子、セサミストリートのエルモみたいやなって思えてきた。ハグにチューに大好き。愛情表現たっぷり。そういう年齢なんでしょうか?

この「Spot Loves His Mommy」を読むのが楽しみで楽しみで。1日何回も読んでますが、まだ「ダイシュキシュキシュキー♡」とギューは続いています。

至福すぎます。

これが子育ての醍醐味ですよね…。はぁ…♡



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2015年10月1日

旦那くん、ボーダーデビュー


もう10月ですね…。こどもを寝かしつける時に一緒に寝落ちしてしまい、23時半に起床!既に4時間寝てしまっているので気分爽快で起床してしまいました。今晩は何時に寝れるのやら…。こういう時はやはり仕事をしていないことに感謝(←コラっ!)



ものすごいしょうもないことなんですが、我が夫、30代半ばにして、ボーダーのお洋服デビューしました。パチパチパチパチー!

今まで、大のボーダーアレルギーやったんです。


気取ったスウェーデン人みたいに見えるから嫌だ。

って言って、嫌がって。

スウェーデン人のみなさんごめんなさい。スウェーデン人に見えたら喜べ!てな。田舎ノルウェー人のくせに。



ブログでも何度か書いていますが、旦那くんはお洋服にとてもうるさい。決しておしゃれなわけでも、服にお金をかけている訳でもないけど、なかなか気に入る服がなく、お洋服を買わない。

ボタンの色が嫌だ、ポケットの位置がおかしい、プリントが子どもっぽい、あれやこれやと文句を言うし、気に入らないと絶対に着ないので、私も本当に必要に迫られた時しか旦那くんのお洋服は買いません。



なのですが、先日(と言っても夏前ですが)お買い物をしていた時に、Fred Perryでおしゃれなボーダーのポロシャツを発見。白を基調にワインとネイビーのボーダーで、なんとなくノルウェー国旗の配色っぽく見える。落ち着いているし、かっこいいし、これなら着てくれるのでは?と、何を血迷ったのかシャツを購入。

しれっと旦那くんの引き出しに入れておいたんです。なんて言うかなって思って。もし着いへんかったら私の兄にあげたらええわ、と思って。そしたら…

普通に着てた。

目を疑ったわ。逆になんで今まで着いへんかってーん!

一緒になって約10年ですが、初めて見る旦那くんのボーダー姿。めっちゃ似合ってるやん!と言うか、ボーダー似合わない人なんておらんよね。

夏休みに帰省した時に、うちの母親までが「うそ、旦那くんボーダー着てるやん…!」とかなり驚いていました。



そんな旦那くん、先日ユニクロに行った時にボーダーの長袖を自ら2着選択。おぉ…普通にしれっとボーダーを持ってくるなんて。人って変われるんやね。

スウェーデン人みたいに見えるから嫌なんちゃうん?と、めっちゃ突っ込みたいところですが、着なくなると嫌やから、「似合ってるよ」とだけ言ってます。

私はボーダー大好き人間なので、ボーダーのお洋服が多いのですが、そうなると、かぶるんですよね…。しましま夫婦になってまう。今までかぶった事が無かったので、ちと面倒。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ