2014年9月29日

微妙なラブレター


しばらく用事があって実家に帰っていた。
東京に戻って来た日、食後にお茶を飲んでまったりしていると、旦那君がいそいそと何かを持ってきた。

ラブレターを書きました。

と言いながら渡された白い封筒。


自称ロマンチストな旦那くん。昔はようラブレターを書いてくれたけど、私はあんまりねえ…そういうのが得意やないから、渡されても反応に困った。こうドラマチックな反応を期待していた旦那くんは「こいつはラブレターを書いてもあんまり感動しやがらへん」という事を学んだようで、最近はめっきり無かった。

珍しい。と思って読んだが、なんか、書き出しが…非常に微妙

だって、これ見て下さいよ。





拝啓 朝夕しのぎやすい季節となりました。


誰にあてた手紙やねん。しかもちゃんと「敬具」で閉じられてたし(笑)

聞くと、日本語教室で、「手紙の書き方」と「季節の挨拶」を勉強したらしい。んでもって、それを使って家族に手紙を書いてみよー!というレッスン内容やったんやって。「書かされた」んやな。まあでも、確かに朝夕しのぎやすい季節となりました。使い方は大正解。



ありがたく、いただいておきました。

おしまい。





にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2014年9月27日

添い寝の文化差



なんや最近子育てブログになりつつあるけど…今日はちょっと気になっている「添い寝」について。


小猿は今、子供部屋で一人で寝ている。寝かしつける時は一緒に横になるけど、寝入ってしまえば夜中に泣かへん限り、朝まで一人で寝ている。

夜間に授乳があった時は、夜も私が添い寝をしていた。だって、起きて小猿に授乳して、その後また寝室に戻るのが面倒やん。次いつ泣くかわからんし。

でもそしたら、旦那くんに

添い寝をして、小猿を甘やかしている


と言われた。別に嫌味とかやなくて、「小猿はお母さんが一緒に寝てくれて、甘やかされてるねー、いいねー」みたいな感じ。


これってやっぱり文化の差なんかな。日本では添い寝って一般的やから、「添い寝=甘やかし」と捉えられるなんて考えてもなかった。



そのうちに夜間の授乳もなくなり、プープー寝るように。それでもしばらくの間は、癖で添い寝を続けていると、なんや軽い夜泣きをする様になった。夜泣きと言っても寝言の延長みたいなもんで、ひーひーと5分弱声が上がり、そのあとまた一人で入眠する。

この夜泣き、よくよく考えてみると、私がトイレに起きたり、寝返りをしたり、何かしらの音&振動を立てた時に、小猿も目が覚めて声が出ていることに気付いた。

以前、「夜泣きは日本人の赤ちゃんに圧倒的に多く見られ、欧米の赤ちゃんにはみられない」、とどこかで読んだことがある。「フランスの赤ちゃんは夜泣きしない」みたいな本も出てたはず。そいで、その理由のひとつに日本の「添い寝文化」が挙げられていた。

小猿も添い寝をしてるから夜泣きをするんかなあ…と思い、思い切って添い寝をやめて一人寝デビューをさせてみることに。

そうしたら、まだ時々は夜泣きしているものの、回数的にはかなり減った。私も負担が減り、夜ある程度は眠れる様になり、めでたしめでたし♪と思っていた…


でも…ふと考えさせられる機会が。


実家に帰省中は、ベビーベッドがないからお布団で寝かせている。私も小猿の横に布団を敷いて寝ているが、面白いことに、夜中、小猿が私の方に吸い寄せられるようにまとわりついてくる。

ふと目が覚めると、小猿の腕が私の太ももに乗せてあったり、頭がこっつんこしていたり、私の腕や足を抱っこするように寝ている。

お母ちゃん、ズキューン!なわけですよ。

ほんでもって「この子はもっとスキンシップを望んでいるんちゃうん?」という疑問が。「添い寝できるのなんて小さいうちだけやし、思う存分したらええやん…!」って。でもその分、小猿は帰省してから毎晩の様に夜泣きしている…。ふぇー。

でもそれを旦那くんに言うと、


それなら日中もっと抱っこしたりしてスキンシップを増やしたらいいのではないですか

と言い添い寝には消極的。やっぱり子どもは自分の部屋で寝るべきだという考えらしい。



最近はアメリカでも「Co-Sleeping」として添い寝を推奨する専門家もたくさん出てきているらしい。せやから添い寝そのものが悪いとは思わへんけど…。


母親が横で添い寝していれば、赤ちゃんは自然とくっつくもので、スキンシップを求めているからではないんか?それとも小猿は添い寝が好きなんか?わからへーん。





にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2014年9月24日

アメリカ人驚く世界の育児習慣


ちょっと面白い記事を見つけたので紹介します。

この記事はアメリカ人向けで、「アメリカでは広まっていない世界の育児習慣いう内容のものですが、我らが(!?)ノルウェーと日本、そしてデンマークも紹介されています。


Global Parenting Habits That Haven't Caught On in the U.S. 
(リンクあり)



トップバッターはノルウェー



「どんなに寒くても、Barnehage(保育園)に通う子供たちは、たくさんの時間を外で遊んで過ごしている」と上の写真とともに紹介されています。

でも、ノルウェーに住むアメリカ人ママが、ノルウェー人は育児に関して「創造性に欠ける」と文句を言ってるのが面白かった。「ノルウェーでは、なんでも1つの方法しかない。子どもはみんな7時に寝て、同じような学校に通い、同じようなブーツをはき、同じような昼食を食べる」らしい。日本も…どちらかと言えばそうやんね。



次にデンマーク





デンマークでは、子どもの健康と発達に欠かせないと考えられている“frisk luft (新鮮な空気)”のために、子どもは親が買い物や食事をする間、外に置いてけぼりにされると紹介されています。

ニューヨークでは、BBQレストランで食事をする間、外に子どもを置いていたカップル(一人はデンマーク人)が逮捕されたとか。

ノルウェーも正にこの考え!くっそ寒いのに甥っ子はベビーカーに乗せられて、庭に放置されてたな…。大人は家の中でぬくぬくしてるのに、不思議な光景やった。旦那くんもこの考えで、小猿は冬生まれやのにクーハンに入れてベランダに出すとか言い出して、私は本気で切れたことがある。




そして、日本




日本ではある程度の年齢になると、親は子どもに、街中でも自由に行動することを許すと。7歳、そして4歳であっても一人で電車に乗っている子も多いと紹介されています。アメリカだったらこんなことをしたら、児童保護サービスに通報されてしまう!と。

私も海外で生活をするまではこれが不思議とは思わへんかった。でも、交換留学した時に、高校生でもホストペアレンツが一人で通学させてくれへんくって、なんて不便なんやって思ったの覚えてる。日本やったら小学生から一人で通学してたのに!



他にも、「ベトナムの赤ちゃんは9か月でトイレトレーニングが完了する」とか、「フランスの子どもは大人が食べるものはなんでも食べる」とか、紹介されていて面白かったです。




育児ってほんま、正解がないから、難しいけど、面白い。




にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2014年9月23日

自分が外国人ということを忘れる旦那くん



もうすぐノルウェーから家族が来日する。お目当ては、やはり小猿。少しでも小さいうちに会っておきたいらしい。そりゃそうや。

今回は、ホテルに宿泊しはるし、計画を立てるのが好きなメンバーやから、私はほとんど出番が無い。ほんま手がかからへんくって。

せやから、滞在中、いつ、どこに行きはるんか、私も旦那くんも全く把握していない。でもまあお目当ての小猿には…毎日とはいかんても、結構な頻度で会いに来はるんやと思う。パジャマ姿で家ぐっちゃぐちゃな時に小猿に会いに来られると困るから、せめていつうちに来るかくらいは教えて欲しいなあ…。

そんな中、旦那くんの今の悩みは、めっちゃ色素の薄いノルウェー人を見て、小猿が驚いて泣いてしまわへんか。らしいですわ。




金髪に、ブルーの目、高い鼻と、ザ・北欧人の家族が、小猿が今まで見慣れた「のっぺり平面顔に髪も目も真っ黒の日本人」と違い過ぎて、小猿がビックリすると…。

確かに、日本人に会うことの方が圧倒的に多い生活はしている。確かに、日々の生活の中で外国人に会う機会は少ない。


でもな旦那くん、よう考えてみ、誰かを忘れてへんかい?あんたやー!毎日小猿はあんたの顔を見てるねーん!せやから大丈夫やわい!

とつっこむと

ああ…そうか…私はノルウェー人でした。

やって。ほんま…。天然なのか、それとも頭が悪いだけなのか…。


それにさ、いいやん別に泣いたって。それはそれで面白いって!

私的には思ったよりも気温が下がってへんから、暑さにばててしまいはらへんか、そっちの方が心配やわ。




にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2014年9月16日

ベビーマッサージ


ベビーマッサージ。私と小猿には何とも似合わない響き。でも、この「期間限定」でしかできない触れ合いを体験できて、ほんまに良かったと思う。


* * * * *


小猿が生後4ヶ月のころ、ずっと二人で家にいると間が持たない…という軽い気持ちで、近所でやっているベビーマッサージに行ってみた。

めっちゃ可愛らしい先生で、あまり参加者も多くなくって、なんか穏やかな時間やった。

マッサージは見よう見まねやったけど、小猿は終始ニコニコで、ご機嫌さん。そして何よりも驚いたのが、その日は午後のお昼寝を3時間もしてくれた!ほんま、奇跡。

それからは、お家でも1週間に2回くらいは、友達が出産祝いにプレゼントしてくれたベビーオイルを使ってマッサージを続けてみた。

たった1回レッスンに行っただけやから、ちゃんとできてたかは微妙やけど、小猿は気持ち良さそうにくーんって声を出したり、ふにゃふにゃと優しいお顔をしてくれて、お母ちゃんキュン死寸前。

何よりも大切やなって思ったんが、小猿と100%向き合うってこと。ついつい何かをしながらの「ながら育児」をすることが多くなってしまうけど、ベビーマッサージをする時は、100%小猿に集中しないとできへん。

小猿にいっぱい話しかけてたくさん歌を歌って。そしたら、小猿のちょっとした表情や成長に気付くことができて、心が落ち着いて、私もすごい優しい気持ちに満たされる時間になった。


先日思い立ってまたベビーマッサージに行ってみたけど、外やと他のお母さん&赤ちゃんが気になって動き回って、ほとんどマッサージできひんかったー(*_*) 

もう、怪獣。他の赤ちゃんめがけてわしゃわしゃー!よそのお母さんの靴下めがけてがおー!って。動く動く。もうそういう月齢やからしゃあないんかな。

家では、機嫌のいい時は、まだごろーんと寝っ転がってマッサージさせてくれる事もあるけど、ほんま、後何回できることやら。



* * * * *



でも、今でもひとつだけ続けられているのが、授乳中の足裏マッサージ。

ベビーマッサージの先生が「そろそろ授乳も退屈になって来る頃ですけど、足裏のマッサージは良いことだらけなので、スマホをいじるよりも、赤ちゃんの足裏マッサージをしてあげて下さいね。」って言ってはって、うわー!ほんまやー!最近スマホしてるわー!ってちょっと反省。それからは欠かさずマッサージをしてあげている。

先生曰く、イチローのお父さんもずっとイチローの足裏マッサージをやってはったんやって。



まだ月齢の浅い赤ちゃんがいはる方は、ぜひベビーマッサージおすすめです!!




にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2014年9月14日

悪名高きリコリス



リコリス

悪名高きリコリス。よく罰ゲームとかに使われている、まずい、まずい、リコリス。

でも、うちの旦那くんが愛して止まないリコリス。疲れた時、リコリスを欲するうちのノルウェー人。日本に来てなにが一番不便かって聞いたら、「スーパーにリコリスがないこと」って答えるもん。

リコリスの中で一番お気に入りなのが、フィンランドのパンダリコリス

このパンダリコリス、実は私でも食べられる。ラズベリーとかブルーベリー味もあって、おいしいと感じるほど。食べたら、今までのリコリスと違いすぎてきっと感動するはず!

今まではインターネットで買ったり、ノルウェーのお義母さんに送ってもらったりしてたんやけど、この間ふと、広尾でナチュラルフードの専門店に入ったら、パンダリコリスがあった!!めっちゃ驚き!!!!思わずお買い上げ!!!!めっちゃリコリス好きみたいに思われたら嫌やな…って思いながら。





これ以外に2袋買ったけど、もうそれは完食。一度開けたら掃除機の様に食べてしまう。もっとさー味わって食べえな。いっつもあるもんちゃうねんから。

なので、リコリスのお菓子以外に楽しめるものはないかいな、と思って行き着いたのが、


リコリスのお茶



STASHというアメリカのメーカーから販売されているこのリコリスティー。
前に一度アソートパックを買った時に、たまたま入っていて、旦那くん感激。





会社からの帰り道


家に帰ったらあのリコリスティーを飲もう♪


と思って、わくわくしながら帰って来るらしい。
そんなに好きなんやかったら、やっぱりストックしておきたい。


家に帰ったらとりあえずビール! 
やなくて、とりあえずリコリスティー!

やで。めっちゃ健康やん。

でも、問題なのが、このアソートパックもう売ってない…。前はアマゾンで売ってたのに。そしてこのリコリスティーだけものは、6箱セットでしか売ってない…。、6箱セットかあ…。5000円かあ…。


リコリスに5000円かあ…。


ほんまに飲むかなあ…と思って、ちょっと買う勇気がないので、代わりにHarney & Sonsのジンジャーリコリスティーを買ってみた。





ほしたら、


リコリスの味が薄いです。 
ジンジャーはいりません。

と注文が…。なんやろ、こうちょっと、上品な味?ジンジャーもいい感じで。安いもんちゃうねんで、ティーバッグ20個で2,000円弱やもん。


でもあかんらしい。

えげつない、どぎつい、リコリスの味がせんと。

6箱セットなあ…。5,000円なあ…。




にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2014年9月8日

スポーツにピエロを



私はスポーツ観戦大好き。サッカーはもちろん、高校野球、箱根駅伝、テニスにフィギュアスケート。感動できるもんなら何でも見まっせ。

対してうちのノルウェー人は、もともとスポーツ観戦をあまりしない。
唯一ノルウェー人が活躍する冬期オリンピックでさえも、私が「やってるで」と教えてあげない限り、自らテレビを付けることはなかった。

でも、私がテレビでスポーツ観戦をしていると、それに便乗してテレビを眺める旦那くん。でも、スポーツのルールが分からへん。この、スポーツのルールが分からない人から質問攻めを受けながら観戦することのうっとうしさ、半端ない。


私にうっとうしがられるため、最近は、なにげに知ったふりをする旦那くん。



サッカーのオフサイドを知らずに

この審判はゴール前のいいところになると笛をふく!

と拳を振り上げて審判にキレていた。
いや、オフサイドやから、あれ。そういうルールやねん。



テニスのタイブレークについては

同点になったら休憩をするんだろう

と言い切っていた。
ブレイク=休憩やね。キットカットの宣伝かい。



先日もサッカーのウルグアイ戦を熱く応援していたところ、横でぼーーっと見ながらぼそっと言い放った旦那くんのアホに尽きる一言。

フィールドにピエロがいたらいいです。

もうわけ分からん。
スルーしようかと思ったけど、一応なんでピエロが必要か聞いてみた。

そうしたら試合がもっと面白くなります。選手だってもっと試合を楽しめます。

子どもの誕生日会かい。そんなん目障りでしゃあないわ。


わけがわからない。こういう事を真顔で言うから、冗談なんかもよく分からない。






にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2014年9月4日

いえ、もっと甘やかして下さい


先日ツイッターでもつぶやいた出来事。



最近、プチ夜泣きを始めた小猿。朝の2時〜4時にかけて、寝たり起きたりを繰り返す。寝たかなーと思うと、ひいひい声をあげる。せやから私も一緒に寝たり起きたりを繰り返して、朝には疲労困憊。

小猿は元気いっぱいに6時頃に起床するが、私は疲れすぎて起きられへん。「あ〜小猿起きてるなあ…声がしてるなあ…」と思いながら遠のく意識。

すると、旦那くんがすくっと起き上がり小猿の元へ。

私はその後また寝てしまったが、9時頃に目が覚めると、小猿がベッドで寝ている。リビングへ行くと、おもちゃと絵本が出ていて、旦那くんが小猿と一緒に遊んだ痕跡が。オムツ替えもされていた。しかも小猿が寝ているという事は、旦那くんが寝かしつけてくれたんやろう。

もう、泣けるよな。助かりすぎて。イクメン過ぎて。ええパッパやんか〜。



その日の夜、最近赤ちゃんを出産した友達が、「子どもはもう2ヶ月やと言うのに、旦那さんはまだおむつを2回しか替えていない、夜泣いても無視」とFacebookにアップデートしたのを読んだ旦那くん。

日本の男性は何もしないのか?

と問題発言してくれるから、それは人によって違うと思うと説明をすると、暫く考えて


私は君を甘やかしているのか?私は小猿の世話を良くするし、毎日夕食後にはお皿を洗うし、週末には家中を掃除する。君を甘やかし過ぎではないか?


と、これまた問題発言



いや、あんたは確かに君はいい旦那さん&いいパパや。

でも、十分過ぎるということはないぞ。
もっともっと手伝って、もっともっと甘やかして下さい。

他の人がどうやこうや、やないやん。お互いにやれることを、やろうや。



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2014年9月1日

文句たらたら、悔い改め…!




もう9月かー。はや過ぎるなあ。今年も残すところ4ヶ月!


最近我が家では、あんまりきれいな言葉やないけど、「Bitch and moan」というフレーズが流行っていた。「たらったら文句を言う」という意味やけど、どちらかがちょっと軽く文句を言っただけで、「Are you bitch and moaning?」とすかさず突っ込みが入る。

私が最近 Bitch and moanしていたのは、専業主婦であること。

小猿が生まれる前に仕事を辞めてからは、専業主婦。時々在宅で簡単な翻訳の仕事をしているものの、基本的には専業主婦。朝旦那くんを送り出し、日中は小猿と過ごし、夜旦那くんの帰りを待つ。

そんな中、私の友達はどんどんキャリアを積んでいる。世界を飛び回り、経験を積んでいる。私も働きたいやーん。でも小猿は待機児童。働けるわけがない。そんな自分が惨めやったり、友達がうらやましかったり、自分のキャリアに対する焦りやったりで、Bitch and moanしていた。

でも考えたら、今ってキャリアの夏休みのわけやん。働かなくていいんやで!しかも働いてなくても誰にもなんにも言われへんねんで。それやったら bitch and moan は止めて、この時間を楽しまんと!やる事いっぱいあるやん!と悔い改め考えてみた。

やることリスト!タッタララー。



①ノルウェー語習得

旦那くんは超右脳人間、言語弱し。なので私がノルウェー語をマスターするしかない!わけですわ。それにいつかはノルウェーに移住するかもしれない。英語は十分話せるけど、ノルウェー語も話せたらノルウェーで就職に近づけるはず!ということで。まっだまだ働けるレベルにはほど遠過ぎて泣けるけど、ノルウェー語をこつこつ勉強する!

とりあえず今やっているテキストを終わらせるのが目標!しかも旦那くんがCDを見つけてくれたー。パキスタン人卒業は難しいかもしれんけど、気合いで話せるように!

②パン焼き上達!

パンが上手に焼けるようになりたいんさー。今でも焼けるけど、ね、しょぼ過ぎて。小猿がパンを食べだす頃には、「お母ちゃんの焼いたパン美味しいね♪」って言ってもらえるように!パン焼き教室にも行ってみたいなあ。という事で旦那くん、暫くは美味しくないパンばっかりになるかもやけど、我慢してやー!

③マニュアル免許取得!

妊娠する前にマニュアル免許を取得すべく教習所に通い始め仮免取得手前まで行ったが、妊娠後に「妊婦は何かあった時に保障できないので」という理由で道半ば退校させられた…。なのでリベンジ!私は海外在住中にオートマチックの免許を持っていたが、日本の免許に書き換える前に期限失効させてしまったというなんとも苦い過去が。なので運転は未だできるはず…多分…!今回もノルウェー移住に備えてマニュアル免許取得予定。託児所つきの教習所やから直ぐに取ってやるう!

④資格取得!

何の資格かはここでは書かれへんけど、資格取得!なんか自分だんだん資格マニアになって来てる気もするけど、持ってる分に損はない!今後の就職に繋がるはず!今まで自分がこの資格を欲しいと思うなんて、想像だにせんかった分野やから旦那くんに「あほちゃうか」って言われるかも…って思ったけど、旦那くんに相談したら「頑張ればできるよ」って100%応援してくれて、感謝。



ってなことで、毎日忙しくなりそうや。

それに最近小猿の授乳が落ち着いて来たから、そろそろ朝のウォーキングも再開したいなあ。季節的に気持ちいいしな。

今日でBitch and Moan は卒業!



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ